分り易いドラキュラ講座、(rp13)

_MG_0064.JPG
https://f.hatena.ne.jp/beeing_promotion/%E5%8D%81%E5%AD%97%E6%9E%B6%E4%BC%81%E7%94%BB/
本日は個人的にとても楽しみにしていたドラキュラ撮影会、通常では出来ない撮影企画、特殊造型や物語のある撮影会は創造力を逞しく鍛えます。こういう企画が打てるまで5年以上掛かりました。モデルも手探りなら運営側やカメラマンも感が頼りの撮影会、感性+個性+その場の機転と壁の高さがまた楽しいです。

露出をアンダーに見立てて目標数値は補正-1.3程度、通常のポージングから一捻りの悪魔ポーズ、モデルは顔にペイント、胸にタトゥーと作業が多いです。
今回は斧の振り回しも実践、スローシャッターで動きを表現、この時にモデルの表情は個性の出るアピールポイントになります。案外笑顔も良かったです。
最終背景からの光源当て、3時間枠はこれで限界でした。

勿論1回の撮影会で総ての満足を叶える事は出来ないのでこれを繰返します。1つ1つ実践し身に付ける、時間と労力の掛かる仕事です。だからこそ出来た作品は価値があると考えます。
もっと楽しくなる、ドラキュラ撮影会は次回へと続きます。

この記事へのコメント