フォトクラブ Prelude特集

prelude.png
HPの細かな説明の一環として前回イラスト特集を公開しました。今回の特集は私カサイが運営していたBeeingの母体組織になる、フォトクラブPreludeの特集を纏めてみました。
http://beeing.webcrow.jp/prelude.html
資料が不足しておりページを纏め上げるのに時間が掛りましたが無事完成しました。

Preludeに関しては、活動当時から不明な団体、周囲から賛否両論の運営、これも感覚予測しつつ運営していた所もあります。実質発足当時より私が内部運営は手掛けていたので、他の団体と色を同じにする事は避けてました。先輩団体にGBクラブもあり下手な衝突にならない工夫もしました。
記事に関しても色々意見はあると思いますが、こういう経緯で閉鎖してしまった事、私が抜けた理由の明記は必要と判断して特集化しました。Beeingを運営していてもPreludeの質問は実際多いので、HPで特集してますの説明で済むように組んでみたページです。

感情論は書いても意味が無いので実際起きた事を淡々と記してみました。無くなってしまった物に対し功績を世間に評価してもらうのが良いと思います。伝説を残す、走り屋スタイルの撮影クラブにする、この2点は上出来でした。モデルに関しても志半ばでの離脱や実態の掌握出来ないまま離れたモデルもいた事も事実ですが、所詮は撮影団体であり、私が世話出来る環境にも限度がある。特にモデルには自主性を重視させてみたつもりです。特に突っ撥ねたモデルにはここの部分は良く理解してもらいたかった部分です。撮影クラブは親兄弟、友人とも違い、ほぼ見ず知らずの他人で構成されてます。他人同士が信頼関係を築くのですからしっかりとした土台ベースが必要、私が預れる条件にもなる部分です。

更に細かな事は過去記事にて参照、
http://blog.goo.ne.jp/beeing-promotion
これからも良い物が世に回るを心から期待したいと思います。

この記事へのコメント