夢と障害と撮影会、(新)

IMG_0045.JPG
https://www.flickr.com/photos/141592753@N02/albums/72157691694669444
人とは星、役割を持って生まれてくるもの、背負うもの、目指す所は人其々、そしてその姿を皆が常に見ている事で星は輝きもするし失せもする、人の歩みとはそうした性質の物だと考えます。

本日は新人モデルの撮影会、障害者です。障害を持つ自分が出来る事、人の前に立ち自分を見てもらう、人に勇気を与える事、障害を持つ自分だからこそ、との理由で今回応募です。
右手が上手く動かず脚も不自由、でもそれが自分である事、そしてそれらを健康である周囲の者達が支え合う事で色々な色素も生まれてくる、写真という世界は複雑な世界です。
そして本日モデルの、ゆあーなさんの将来の夢は、被写体を続け60歳でドレスを着る事、なのだそうです。モデルに引退は無いです。モデルとは生きる事です。そしてそれを立体化するのがクラブの勤めですがぁ・・・、1点だけ補足、ゆあーなさんが60歳の頃、私カサイはいくつになっている??、痴呆とか大丈夫??、この世にご存命なのかも怪しいです。その頃カサイも使いモノになっていれば良いのですが、不安です。

人には夢がある、不器用でも自己流でも時には大きな失敗も良いと思うのです。そんな自己流が輝いたら最強でしょ、本日は以上です。

この記事へのコメント