征するを考える(rp19)

IMG_0088.JPG
https://www.flickr.com/photos/141592753@N02/albums/72157683521474073
本日、乃亜さんの夜間撮影、個人の事情予定も多い中、撮影予定を入れて頂き有難い限りです。
乃亜さんを撮っていて平素思う事ですが、モデルが自由に主張する事、自分の考えや意見を伝えていく事は重要、乃亜さんはここがハッキリしている点が良いと思います。そしてBeeingの主旨は撮影会として地元の制圧と同時に自分自身を征する事、それを達成するには団体とモデルの繊細なサジ加減が必要、モデルの主張に的確に反応するクラブの対応能力が試されます。一見派手にも見られがちの乃亜さんですが、その裏に隠れた実行力であったり物事への真剣度、こうした所をしっかりと評価していく、これも団体やカメラマンの仕事になります。

人はよく、良い子になれ、人と同じになれ、常識を持て、筋を通せ等、指示指図したがります。ですが征するという論理を引用した場合、適切な指示であるとは思えません。誰かに見てもらい誰かに評価してもらう事も結構な事ですが、その為に良い子を演じる事、余り必要ではないように思います。良くも悪くも自分らしさの追及、達成と充実、人は最も自由であるべき、ここを求めていく事、Beeingの目的であり願いでもあります。その為の自由な主張は宜しかろうと思います。

次回は乃亜さん、20回目です。体調に留意しながら予定立てて参ります。本日は少し寒かったですが、有難うございました。

この記事へのコメント