Prelude、Beeingを振り返って

seesaa_profile_icon
今回報告書として皆様方にお伝えしたい事があります。
2006年以来フォトクラブは皆様方を率いて活動を行い、それなりに多くの方にご参加を頂きました。そして私共もご参加頂いた方含め、関係者様にも感謝してもし足りたい恩を受けて今が有ります。
そのフォトクラブは撮影団体であり私はそのガイド役ですので特別な権利権限は持合わせておりません。皆様方の活動に対しても無用な口出しは勿論、私生活日常のアドバイス等は立入る権利もありません。現実私自身もそれを避けてます。
多くのモデル達の世話役も行っての今ですが、時が経つにつれそれなりに去っていくモデルもいる訳で、私の仕事はその所属期間に如何に満足して活動してもらえるかを考慮し尽力する、いずれ訪れる別れの時に備える事、平素は暖かく見守り時には厳しく申し立てもする、その程度の事しか出来ません。

Preludeの時代でもそうですが人が流れて居なくなる事は寂しい事、辞めて時間が経てばPreludeやBeeingの事等も綺麗に忘れてしまう事でしょう。ですが所属し活動する期間だけはフォトクラブを通し全力で夢を語れる、そんな事が現実に出来ればクラブとしては何にも代え難い名誉である、そんなクラブに育てたつもりです。昔Preludeに所属していたモデル達もこんなクラブなのだから辞めた以上は幸せを掴み取って貰いたい、メンバーからの願いでもあります。
厳格なルールに則り、モデルの希望申請を私服コスプレ創作問わず受付け実行する、Prelude時代から曲げずに行って参りました。こんなクラブですので新しい人も入ってくるでしょう。それでも昔から参加しているメンバーを中心にする。恩を形に変えていく、所属こそ力なり。

以上の事、皆様方に心の奥に留めて頂きたく思います。

この記事へのコメント