パニック障害、会社編

slide_img_01.jpg
先日会社内にて女性事務員と男性作業員の間でいざこざがあり、会社内大変忙しい環境にも関わらず大きな騒動になりました。(私は完全部外です)
すっかり噴火してしまった事務員が瞬速で弁護士を連れて会社を訴訟、パワハラ、不当解雇、セクハラ、社内管理不備等で損害賠償、その金額はセクハラ300万、企業賠償200万の計500万、会社も争う形の方向ですが論点が余りにも変なので要点を以下整理、
・当人が結婚が決まっていたので退社時期を検討していた、
・従業員との口論を理由に高額賠償を求められると考えた、
・弁護士と相談の上、パワハラでの訴訟は不利と考えてセクハラで訴えた、
・監督署に申立てを行い業務先を追詰めていく手段を取った、
・解雇された事実は無いにも関わらず一方的に解雇されたと捲くし立てている点、
等々です。近々退職するので金を頂いておこうと自分なりに考えた考案だったものと考えられます。参考までに彼女、パニック障害を抱える障害者、前職場での動きも類似で常習的に脅迫を行っての慰謝料を取った経緯で執行猶予中との事、調べるとザクザク出て参ります。うん、世の中狭いっ、

私的にはコントを見ているのと然程変らないのですが、該当者は警察通報やショックから入院する者もあり気の毒になります。警察通報に関しては刺されたら教えて下さいとの返答だったらしく頼れない形です。刺されたら普通に痛いですから・・・包丁系は辛いですねぇ。
セクハラは下ネタでの訴訟らしく恐らく大事にならず終息するのでしょう。
世の中にはもっと苦労されている方や懸命になっている方も多いのに、本当に苦労されている方は人への文句は言わないものです。こんな形で500万が手に入るのであれば私カサイも今頃残高1億位稼げてます。不当な要求には毅然と応えない事、そして人を慕い真面目に努める事、
余りにも面倒なので本日記事は以上にします。特段ご興味ある方はご一方下さい。

この記事へのコメント