恩人という存在(rp24)

IMG_0321.JPG
http://pitamo.jp/photo/alm27846
私の場合も鉄工所の仕事も私生活や友人、私共は様々な人の影響支援を受けて今の生活が成立ってます。鉄工所内の元上司、親戚、気の合わない人も多々おりますが、それはそれ。関わる方に恩恵を受けている事には変り無い、そう思わないと世の中敵だけらでやってはいけません。正直私のような扱いの難しい人間は上司からも煙たい存在で嫌われますが、それでも良くして下さる方がおり、口には出さないが恩人にどのような形で恩を返していくかは一応常に考えるようにはしてます。

本日の撮影は室内、背景紙重視の撮影で例によって私の場合は背景紙全消しのレタッチ合成、大変な作業にはなりますか後処理技術向上のトレーニングには丁度良いです。色々な技法を使われるのはカメラマンの自由ですのでBeeingでは規制はしませんが譲合って撮影が前提です。
岡山のお土産ご持参のカメラマンさんも有難うございました。出張四国帰りなのだそうですが四国行きてぇです。次は茨城なのだそうですが西へ東への移動をピストン運動なさいますと私のようになってしまいます。私のようになりたくなければ仕事は事務的が良いです。

四国に行ったら私はDF50の保存機を見たい、嫁的には蔦監督に会いたいらしい。一体四国ってどんなトコ?、恩人には礼を持って、仕事は事務的に、四国は良い所、本日は以上です。

この記事へのコメント