リピート報酬規定

freeplay-image.jpg
http://beeing.webcrow.jp/model.html
新人モデル参戦が増えて参りましたので改めて当クラブのリピート報酬規定の説明、細かな過去経緯に付いても良い機会なので今一度記載致します。

当クラブはリピート手当支給の元での運営ですが、旧母体Preludeでは行ってなかった制度、Beeing発足後に私が法整備の元に始めた制度なのですが、その経緯始まりは当時の所属モデルからの生活相談を度々受けた事より検討した事案でした。
ご想像の範囲かと思いますが、日本という国は先進国の中でも労働条件は別格に悪く、事女性に関しては殊更悪い。そこに派遣法の適応で更に悪化、女性を取巻く環境は非正規賞与無し休み無し、その日を生きるに手一杯、僅かなモデルの収入も通院代で消えて無くなる。横で働くモデルの平素の心労が良く伝わって参りました。

個人的な生活の領域にクラブは立入らない、これは当クラブの鉄則。金の貸し借り含めてトラブルの元になり得る懸案はNG、その範囲でクラブが支援出来得る事を検討、当クラブのリピート制度を活用し報酬方式を取る、この形なら全員平等で目的も明確、モデルも回数を入れる理由になる、受取る側も貰い易く、予定を入れて貰いたいクラブ側も予定を入れたいモデル側と双方にメリットがある、こうした事から世にも珍しいBeeingのリピート報酬手当てが開始されました。
初めてこの制度を活用したモデルは本人の頑なな意志の下にクラブを去りましたが、こうして丁寧に積み上げられた石垣はクラブモデルの財源となり今に至ります。人が生きる為には現実を見詰て判断していく決断も必要です。私共は限られた一般団体、常時限界領域を突破しながらでないとクラブも持続出来ない中での手当支給、これもBeeingの挑戦でもあります。

どうぞこの制度、より良く活用して下さい。私共は世にも珍しい唯一の団体で有り続けるために、宜しくご了承下さい。

この記事へのコメント